ロエベが「となりのトトロ」と協業 自然と手仕事への愛

有料会員記事

神宮桃子
[PR]

 緑あふれる木にトトロがのったセーター、マックロクロスケがリズミカルに踊るバッグ。スペインの老舗ブランド・ロエベが、スタジオジブリと協業した「ロエベ×となりのトトロ」カプセルコレクションを8日に発売した。両者に共通する「手仕事への愛」と「自然との調和」が軸になっている。それらは、新型コロナウイルスが広がる世界で、いっそう見つめ直されているものでもある。

拡大する写真・図版「トトロ クラフティー ツリー セーター」=ロエベ提供

 宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」(1988年)に出てくるキャラクターや自然豊かな風景を、バッグや財布、セーターやTシャツなどに落とし込んだ。水色や黄色、ピンクといった色使いが、明るく清らかだ。

拡大する写真・図版トトロなどのキャラクターがあしらわれた服やバッグ=ロエベ提供

 ロエベのデザイナー、ジョナサン・アンダーソンが書面で朝日新聞の取材に応じた。ジブリと協業した理由について、「ジブリの映画は常に、自信や力を与えること、自然への敬意といったモラルが、アニメーションの核として隠されているのです。それらは普遍的で、世界共通のものと言えるでしょう。また、ジブリはアニメーションの伝統的な技法を尊重していて、ロエベが伝統的なクラフトマンシップ(職人技)を哲学にしている点と重なるからです」と説明する。

拡大する写真・図版レザーピースを職人の手作業でモザイクのようにはめ込む技法が、バッグなどに用いられている=ロエベ提供

 「世界中によく知られている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら