[PR]

 2020年の国内新車販売ランキングで、ホンダの軽自動車「N―BOX」が4年連続で1位になった。トップ10では軽が近年の傾向通り上位を占めたが、比率は過去5年で最も少なかった。トヨタ自動車は5車種と、存在感を示した。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日発表した。軽ではN―BOXをはじめ車内空間が広い車が人気だった。上位10車種のうち4車種と前年から1車種減った。

 軽を除く登録車のトップは、トヨタが昨年2月に発売した小型車「ヤリス」。昨年8月発売の派生車で小型SUV(スポーツ用多目的車)の「ヤリスクロス」が引っ張った。人気の小型SUVでは19年11月発売の「ライズ」もランク入り。トヨタ車種の好調さは、昨年から販売店4系列で同じ車種を売る「併売」を始めた効果もあったとみられる。トヨタの販売台数は登録車全体の半数を占めた。(稲垣千駿)

2020年の国内新車販売ランキング

  車名(メーカー)    台数

1 N―BOX(ホンダ)軽 19万5984(▼22.7)

2 ヤリス(トヨタ)    15万1766(―)

3 スペーシア(スズキ)軽 13万9851(▼15.9)

4 タント(ダイハツ)軽  12万9680(▼26.0)

5 ライズ(トヨタ)    12万6038(659.2)

6 カローラ(トヨタ)   11万8276(13.3)

7 ムーヴ(ダイハツ)軽  10万4133(▼15.2)

8 フィット(ホンダ)   9万8210(32.0)

9 アルファード(トヨタ) 9万748(32.1)

10 ルーミー(トヨタ)   8万7242(▼4.8)

軽は軽自動車。台数のかっこ内は前年比増減率%、▼はマイナス、-は比較できず