[PR]

 静岡県磐田市に本拠を置くラグビー・トップリーグのヤマハ発動機ジュビロの監督や選手らが8日、リーグ開幕を前に市役所を表敬訪問した。堀川隆延監督は渡部修市長に「何が起こるか分からないシーズンになるが、力を合わせて磐田に優勝旗を持って帰りたい」とあいさつした。

 昨年度のリーグ戦はコロナ禍で不成立となった。チームは定期的なPCR検査や、食事中は全員が同じ方向を向くなど対策を取っているという。大戸裕矢主将は「心身ともに良い状態。初戦に勝っていいスタートを切りたい」と話した。

 初戦は16日、アウェーでディフェンディングチャンピオンの神戸製鋼と対戦する。(須田世紀)

関連ニュース