[PR]

 菅義偉首相は8日、テレビ朝日の報道番組に収録出演し、「不仲」とされる東京都の小池百合子都知事との関係について、「いろんなことを言われていますけど、よく電話はしています」と語った。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、小池氏と足並みをそろえて対応にあたる姿勢を強調したかたちだ。

 都内の飲食店への営業時間の短縮要請をめぐり、政府は午後8時に切り上げるよう要請したが、都側は10時を維持してきた経緯がある。首相は「私、8時をお願いしたいと申し上げました。しかし、そのときに知事は『他の方法で努力しますよ』と言われた」と明かした。

 ただ、首相は「東京は東京のやり方をやりたいと。例えばイルミネーションを消すとか。ただ、一貫して(専門家による政府の)分科会の先生方は『8時』、ここは強く要請されていた」とも述べ、都側への不満もにじませた。