[PR]

 北陸を中心に9日午前も大雪が続いている。気象庁によると、同日未明までの24時間降雪量は新潟県上越市大手町で103センチ、富山県魚津市で66センチ、富山市で57センチと観測史上最多を記録。山形県酒田市や長崎市などでも3時間降雪量が10センチを超えるなど、日本海側の広範囲で強い雪が降った。

 同日朝時点で新潟市や富山県氷見市で積雪の深さが平年の8倍を超えるなど、日本海側を中心に各地で平年を大幅に上回る積雪となっている。強い冬型の気圧配置は10日ごろまで続く見込みで、気象庁は交通への警戒を引き続き呼びかけている。特に北陸では農業施設の被害などにも厳重警戒が必要という。

 10日午前6時までに予想される24時間降雪量は、山地や山沿いの多いところで、北陸100センチ、東海70センチ、東北と近畿、中国50センチ、北海道40センチ、九州北部30センチ、四国25センチ、九州南部15センチ。その後の24時間でも北陸では60~80センチと予想されている。

 岩手県では、8日に除雪作業をしていた男性が除雪機の下敷きになって亡くなったと県警が9日発表した。北上署によると、8日午後4時25分ごろ、同県西和賀町巣郷の農業高橋久雄さん(72)が、自宅敷地内で除雪機の下敷きになっているのを高橋さんの長男(46)が見つけた。死因は脳挫傷。長男夫婦と3人で、屋根から落ちた雪を取り除いていたという。盛岡地方気象台によると、西和賀町の最大積雪は8日に180センチを記録していた。(山岸玲)