永久停止「トランプ氏らしい結末」 識者がみる次の一手

[PR]

 米ツイッター社が8日(日本時間9日)、トランプ米大統領のアカウントを永久に停止した。分断をあおってきた超大国のトップに対し、発信手段であるアカウントを凍結するという対応をどうみるか。米国政治とトランプ氏の言動を分析してきた明治大学の海野素央教授(異文化間コミュニケーション論)に聞いた。

     ◇

 Q アカウントの永久停止は「言論の自由」という観点から問題はないのでしょうか?

 A トランプ氏は「言論の自由」を盾にして、自分自身の政策や他者への批判などをツイッターで発信してきました。しかし、1月6日に連邦議会議事堂にトランプ氏の支持者らが突入した事件によって、トランプ氏の発信がもはや米国の価値観や民主主義に打撃を与えるものであることが如実になりました。まさに「言論の自由」が許される限界を超えたのだと思います。

 Q ツイッター社としてもやむを得ない決定だったと。

 A ツイッター社などのSN…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

アメリカ大統領選2020

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ]