佐賀市で積雪8センチ 寒波続く

渡辺松雄
[PR]

 九州北部には強い寒気の流れ込みが続き、佐賀県内では9日も断続的に雪が降った。佐賀地方気象台によると、佐賀市駅前中央で未明に8センチの積雪を観測。1月の記録としては2010年以来とされる。10日にかけても雪の降る所があり、同日午後6時までに多い所の平地で10センチ、山間部で20センチの降雪が見込まれるという。

 9日夕方までの最低気温も午前7時台に佐賀市川副町で零下6・8度、嬉野市で零下5・8度と、この冬最低を記録。3日連続で6観測地点全てでマイナスになった。佐賀市駅前中央は零下3・3度で、最高気温も0・7度までしか上がらなかった。

 一方、JR長崎線の神埼―吉野ケ里公園間では同日午前、上り特急「かもめ8号」が赤信号を通過して停止。JR九州は「雪による滑走とみられ、調査中」としている。

 また県警によると、9日午前8時半までの24時間に計55件のスリップ事故が起きた。長崎自動車道は通行止めが続いた。(渡辺松雄)