正恩氏「米国を制圧、屈服させる」核やミサイル開発誇示

有料会員記事

ソウル=神谷毅、鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は平壌で開いている党大会で、「最大の主敵である米国を制圧し、屈服させることに焦点を合わせる」と述べ、対決姿勢を鮮明にした。核兵器ミサイルなどの開発状況を詳しく公表し、20日に発足するバイデン政権を牽制(けんせい)した。

 朝鮮中央通信が9日、正恩氏の5~7日の報告をまとめて報じた。バイデン氏を名指しはしなかったが、「誰が政治の実権を握っても、米国という実体と対朝鮮政策の本心は絶対に変わらない」と強調。一方で、「新たな朝米関係を築くカギは米国が北朝鮮への敵視政策を撤回することだ」とも主張し、対話への余地も残した。昨年11月の米大統領選後、正恩氏が対米関係に言及したのは初めて。

 正恩氏の報告で際立ったのが、核兵器ミサイルなどの開発状況だ。韓国の北朝鮮専門家は「ここまで具体的で露骨な公表は初めて」と驚く。

 正恩氏は報告で「核兵器の小型軽量化、戦術兵器化をさらに発展させる」として、多弾頭型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の研究が「最終段階」にあるとした。1万5千キロの射程圏内の目標に正確に命中させる能力を高め、核による先制と報復の攻撃能力を得ることを目標に掲げた。米ワシントンを念頭に置いたものだ。

 高速で変則的な軌道をとる「極超音速滑空ミサイル」や、事前察知が難しい固体燃料のICBM、潜水艦発射型の核兵器原子力潜水艦、軍事偵察衛星の研究開発の状況にも触れた。

 核戦力をめぐり、正恩氏は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら