[PR]

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で6日、フンボルトペンギンの赤ちゃん1羽が孵化(ふか)した。孵化直後の体長は約10センチ、体重は86グラム。すでに一般公開されていて、水族館によると、順調にいけば4月ごろには親鳥と同じ体長60センチ、体重4キロほどの大きさに成長する。

 赤ちゃんの母親は17歳の「あーる」、父親は7歳の「ベーグル」。過去にこのペアで、2羽が孵化している。担当者は「新年早々、明るい話題。ほかにも卵を温めているペアがいるので期待している」と話していた。

 鳥羽水族館ではこれまでに、50匹以上のフンボルトペンギンが孵化している。(安田琢典)

関連ニュース