[PR]

 【静岡】自転車レースをテーマにした人気TVアニメ「弱虫ペダル」とコラボしたスタンプラリーが伊豆地域で始まった。コロナ禍で観光客が伸び悩む中、新しい生活スタイルとして注目されている自転車の活用で地域経済を盛り上げる。

 イベントは地域限定のフリーペーパー「るるぶFREE」で企画され、県や商工団体などでつくる県東部地域スポーツ産業振興協議会が中心となり参画した。道の駅や宿泊施設などに設けられたチェックポイント5カ所のスタンプを集めると、集めたスタンプの数により、オリジナルポストカードや2千円相当の地元の記念品が抽選でプレゼントされる。期間は6月30日まで。

 今年の東京五輪・パラリンピックで、自転車競技(トラック・レース)の会場にもなっている伊豆エリアは、弱虫ペダルの作品の中にも登場し、「聖地」の一つにもなっている。世界遺産の富士山や、駿河湾を望みながら自転車の旅を満喫できる。

 チェックポイントには登場キャラクターの等身大パネルも設置しており、写真撮影も楽しめる。設置施設は富士山三島東急ホテル、コナステイ伊豆長岡、Numazuサイクルステーション静浦東、道の駅伊豆ゲートウェイ函南、「MERIDA X BASE」の5カ所。

 伊豆地域の宿泊施設などで手に入る伊豆地域限定のフリーペーパー「るるぶFREE伊豆 21冬春」に詳細が掲載されている。(和田翔太)

関連ニュース