「つきぢ田村」田村隆さん死去 63歳、テレビでも活躍

 東京・築地の日本料理店「つきぢ田村」の3代目で、NHK「きょうの料理」などでも活躍した日本料理人の田村隆(たむら・たかし)さんが、急性心不全で死去した。63歳だった。昨年12月22日に亡くなり、葬儀は近親者で行った。喪主は妻文子(ふみこ)さん。後日お別れの会を開く予定だという。

 大学卒業後、大阪の「高麗橋吉兆」で3年間修業、祖父の平治さんが興した「つきぢ田村」に入った。素材の持つすべての味を生かして料理する「五味調和」の考えを受け継いで調理場に立つほか、和食を身近に感じてもらおうと、テレビ番組や料理講習会では手軽に作れるレシピを積極的に紹介し、明るいキャラクターで人気を集めた。

 料理の中で、特に大切にしていたのが材料ひとつひとつ適した煮方をする「煮しめ」で、店のおせちの主役だった。昨年末のおせち作りの準備でも、指揮をとっていたという。