[PR]

 厚生労働省は10日、ブラジルから到着し、空港検疫で新型コロナウイルスの感染が確認された男女4人から、英国や南アフリカで報告されていたものと共通の変異が一部にある新たな変異ウイルスを検出したと発表した。

 4人は10~40代で、2日に羽田空港に到着。うち3人に頭痛や発熱などの症状がある。この新たな変異ウイルスは世界でまだ報告例がなく、国立感染症研究所などが感染力の強さなどを調査中という。

 このほかに、昨年12月22日に英国から入国して発症した男性との濃厚接触者2人と、同月25日に英国から帰国した男性の計3人から英国の変異ウイルスが新たに検出されたことも発表した。