独自

TikTokは個人情報を抜き取るのか アプリを解析

有料会員記事

編集委員・須藤龍也、同・峯村健司、荒ちひろ
[PR]

 若者を中心に人気の高い中国製のスマートフォン動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を排除する動きが、米国で急速に進んだ。音楽に合わせて利用者が撮った短い動画を公開するサービスは、全世界で月間8億人が使っているとされる。アプリの実態はどのようなものか。

 米軍は昨年1月、「安全上のリスクがある」として、軍関係者が支給された端末でティックトックを使うことを禁じた。上院国土安全保障委員会も7月、政府職員がティックトックのダウンロードを禁ずるように求める法案を可決した。

 トランプ大統領は8月、国家安全保障を脅かしているとしてティックトック運営企業との取引を禁じる大統領令を発令。利用者から集めた膨大な情報をもとに「中国共産党が個人情報にアクセスすることが可能になる恐れがある」と主張する。

 ただ、こうした主張を裏付ける具体的な根拠を、米側はいまだ示していない。

 そこで記者は専門家にアプリの解析を依頼し、米政府が主張するような「リスク」の正体を探った。

 アプリのプログラムコードを復元し、1行ずつ確かめながら動作を追跡した。さらにアプリを実際に動かし、外部との通信を監視することでどんな情報を送信しているのかを調べた。これにより、アプリが情報にアクセスしようとする「意図」と実際の「行動」を把握することができる。

 対象のバージョンも、米政府が問題視する以前の2019年8月と、トランプ大統領が排除の姿勢を明確にした後の20年8月時点のものを比較した。米政府の動きに対するティックトック側の反応を調べるためだ。万全を期すため、調査結果の検証を別の専門家に求め、その結果が昨年11月下旬にまとまった。

見つかった「裏技」

 「個人を明確に識別できる情…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら