【動画】北陸道で立ち往生続く 雪に埋もれながらビスケット配る=井手さゆり撮影
[PR]

北陸や東北など日本海側は10日も記録的な大雪に見舞われた。

 大雪で物流が滞り、各地は食品も品薄になった。

 10日、富山市中心部のコンビニエンスストア。おにぎりとサンドイッチ、総菜、菓子パンの棚が空になり、棚には「ご迷惑をおかけしております」との貼り紙があった。男性店員によると、9日はまったく商品が入らず、10日未明にサンドイッチなどが入荷したがすぐに売り切れ。おにぎりは入荷のめどがまったく立たないという。

 福井県内で約40店舗のスーパーを展開する「ハニー」(本部・福井市)によると、多くの店舗で食料品全般が品薄になっているという。福井県災害対策本部によると、一部の商業施設で従業員が出社できず、開店時間を遅らせた。

 一方、同県あわら市は国道8号を走る車のドライバーらへの支援物資として、弁当300個、2リットルの水が入ったペットボトル300本を配っているという。

 金沢市では除雪後の雪を集める場所が不足し、市が臨時の「排雪場」を3年ぶりに開設。市中心部の自宅前を除雪していた高齢の男性は、車の高さを超えて積まれた雪山を前に「連日雪かきをせざるを得ず、もう雪を寄せる場所がない」と嘆いた。(竹田和博、大西明梨、八百板一平、堀越理菜)