写真の少年は20歳になった 読み返す高倉健さんの手紙

有料会員記事

星乃勇介
[PR]

 宮城県気仙沼市震災遺構・伝承館の一室。縦2メートル、横1・2メートルの写真がプリントされた壁掛けがある。

 「水を運ぶ少年」。がれきの中を歩く男の子。両手に大きなペットボトルを持ち、口をぎゅっと結んでいる。10年前の東日本大震災後、市内で通信社のカメラマンが撮った。訪れた修学旅行生らが足を止め、いたいけな表情に見入る。

 「改めて見てもびっくりするほど大きい写真ですね。当時を語り継ぎ、忘れないために使われるのなら」

「あなたの写真を台本に...」

 展示された自分の姿を見て松…

この記事は有料会員記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。