[PR]

 第29回全日本高校女子サッカー選手権大会は10日、神戸市のノエビアスタジアム神戸で決勝を行い、藤枝順心が作陽(岡山)に3―0で勝利し、2年連続5回目の優勝を決めた。

 藤枝順心は、終始ボールを支配し、試合を優位に進めた。前半は無得点に終わったが、後半開始直後、窓岩日菜が先制点を決めると、斉藤花菜、高尾真莉奈が続き、勝負を決めた。守備も安定し、この日も無失点。大会を通じて相手チームに得点を与えなかった。

 多々良和之監督は「大会を通して1試合1試合、成長してくれた」と選手らをたたえた。柳瀬楓菜主将は「大きなことを成し遂げられてうれしい」と大会連覇の喜びを語った。

関連ニュース