[PR]

 新潟や北陸を中心に7日から続く大雪で、福井県は11日午前、死者が9~10日の間に3人確認されたと発表した。総務省消防庁によると、山形県でも除雪作業中だった80代の男性の死亡が確認された。各県の発表なども合わせ、7日からの死者は全国で計11人になった。

 福井県によると、死亡したのは福井市の80代男性と同市の70代女性、同県大野市の60代男性。転倒や屋根からの転落などによる重軽傷は計47人で、道路での車の立ち往生中に体調不良で救急搬送された人が5人いた。

 総務省消防庁によると、11日午前8時現在、除雪中の事故などによるけが人は福岡で107人いたほか、富山、石川など11県で計226人が確認された。