北陸の大雪、ピーク越える 12日は太平洋側も降雪か

[PR]

 北陸など日本海側では11日朝にかけ、強い雪が続いた地域もあった。気象庁によると、同日朝までに3時間降雪量として、長野県小谷村で24センチ、新潟県妙高市で23センチ、岐阜県白川村で21センチを観測した。強い冬型の気圧配置は緩んで大雪のピークは越えたが、記録的な積雪となった地域もあり、今後はなだれなどに注意が必要という。

 11日午前9時現在、積雪の深さは新潟県上越市安塚区293センチ、岐阜県白川村238センチなど2メートルを超えている地点が複数ある。北陸では富山市124センチ、金沢市54センチ、福井市97センチと平年の4~6倍超と、平地でも積雪が増えた。

 11日夜には九州の南で低気圧が発生し、日本列島の南側を東へ進む見通しとなっている。太平洋側に大雪をもたらすことがある「南岸低気圧」と呼ばれ、九州南部は11日夜から12日朝、四国は11日夜遅くから12日昼前、近畿は12日明け方から昼前、東海は12日朝から夕方に、山地や山沿いを中心に大雪となる恐れがある。東京でも12日に雪か雨が降る予想となっている。