歌えなかった「荒ぶる」 早大ラグビー、コロナ下の葛藤

有料会員記事

野村周平
[PR]

 優勝した時にしか歌えない早大ラグビー部の部歌「荒ぶる」。天理大に敗れて歌うことはできなかったが、この歌の扱いを巡って、コロナ下ならではのやりとりがあった。

 自分たちが4年生になった時、頂点に立って「荒ぶる」を歌う――。同部の門をたたく部員は4年間、そのために厳しい練習に打ち込む。だから早大は4年生の思いとして、マスクを着用して互いの距離を取るなどの感染防止策をとって合唱できないか、日本ラグビー協会と交渉していた。

 ただ、協会は許可しなかった。

 部員が対策しても観客が一緒に歌ってしまうかもしれない。100人以上の部員による合唱がテレビで全国放送されると反感を買う恐れもある。そうした理由からだった。

 そもそも今大会は感染対策として試合前の校歌斉唱なども実施せず、協会は観客に大声を出して応援しないよう求めてきた。協会の意向を早大は受け入れた。

 「荒ぶる」が初めて歌われた…

この記事は有料会員記事です。残り399文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら