愛知・岐阜も緊急事態宣言を要請へ 大村知事が言及

新型コロナウイルス

中野龍三、松永佳伸
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県岐阜県が12日にも緊急事態宣言の発出を政府に要請する見込みとなった。愛知県大村秀章知事が11日に出演した民放の番組で表明、岐阜県古田肇知事も、早急に要請したい考えを示した。

 愛知県では11日、198人の感染が確認され、1週間ぶりに200人を下回った。ただ、検査数が少ない月曜は確認される感染者数が少なくなる傾向にある。過去最多になった7日の431人を始め、10日までに5日連続で300人を超え、感染拡大に歯止めはかかっていない。

 とりわけ医療提供体制は逼迫(ひっぱく)しており、10日時点の入院患者数は692人、重症者数48人で、いずれも過去2番目の多さ。大村氏は緊急事態宣言の要請などで、「県民に行動自粛と行動変容をお願いし、感染者を減らして、医療を何とか持ちこたえさせていただきたい」と述べた。

 宣言を要請する考えは8日に示していたが、時期は「3連休の状況を注視して判断したい」としていた。古田氏も11日の記者会見で「東海3県知事会議で三重県からも意見を聞いた上で、愛知県と連携して指定に向けて早急に要請したい」と述べた。(中野龍三、松永佳伸)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]