ゆるキャラGP2位の「イヌナキン!」 泉佐野市キャラ

川田惇史
[PR]

 俺の名前はイヌナキン。大阪府泉佐野市の公式キャラクターだ。

 温泉があることで有名な市内の犬鳴(いぬなき)山には、飼い主の猟師を命がけで大蛇から守った「義犬」の伝説がある。その犬の末裔(まつえい)が俺だ。

 2013年に市が公募した原画をもとに、漫画「キン肉マン」のゆでたまご先生がかっこよく仕上げたんだ。見てくれ、この鍛えた肉体。腰に巻いてるのは地元特産の泉州タオルさ。

 市の平和を守りながら、全国どこでも出向いて市の観光や特産品PRに「一生犬鳴(いっしょうけんめい)」取り組んできたぞ。

 全国のご当地キャラクターが集まるゆるキャラグランプリ(GP)にも出た。13年は201位だったけど、じわじわ順位を上げて18年に4位、19年は2位になったんだぜ。

 最後の開催になった昨年のGPは、俺の分身の「ゆるナキン」が出場した。コロナ禍でイベントの中止が相次いだが、ユーチューブの動画やツイッターを駆使してアピールしたぞ。27万1180票を獲得し、2位だった。応援してくれたみんな、ありがとう。

 コロナ禍でリアルに会えるイベントが少ないままだけど、修験道の名所でもある犬鳴山でコロナ退散を願って修行に励むよ。今年はワンダフルな1年になるといいな。(川田惇史)