[PR]

 埼玉県羽生市発注の清掃業務で便宜を図った見返りに現金20万円を受け取ったとして、県警は11日、市建設課長の岡村聡彦容疑者(53)=同市下新郷=を収賄容疑で逮捕し、発表した。贈賄容疑で同市須影の工事業「クリーン・テック」経営の清水一容疑者(53)=同市上川崎=も逮捕した。認否は明らかにしていない。県警は11日、市役所などを家宅捜索した。

 捜査2課によると、岡村容疑者は昨年2月上旬と7月下旬、市が随意契約で発注した側溝清掃業務などに絡みクリーン・テックが有利な取り計らいを受ける謝礼として市内で清水容疑者から計20万円を受け取った疑いがある。クリーン・テックは住宅リフォームや清掃などを行う業者で清水容疑者が1人で経営している。2人は市内の同じ中学校の同級生だという。

 岡村容疑者は公園や道路などの維持・管理を行う建設課の課長を2018年4月から務め、随意契約の際に委託業者を選定する権限があった。県警は、昨年2月発注の雑草刈り払い業務と6月発注の側溝清掃業務で、岡村容疑者が委託業者の候補にクリーン・テックを入れるように担当者に指示していたことを確認しているという。

 岡村容疑者の逮捕を受けて、河田晃明・羽生市長は11日、「管理職の職員が逮捕され痛恨の極み。行政の信頼を大きく損ねたことに心からおわび申し上げる」などとするコメントを出した。(山口啓太)