燃える商店街の再現「市民感情が…」 いま傷は癒えたか

有料会員記事阪神・淡路大震災

聞き手・瀬戸口和秀、新垣卓也
[PR]

 阪神・淡路大震災からきょうで26年。この間、再生していく神戸の街を舞台にした映画が数多く撮られてきた。震災をテーマにした映画を手がけた監督、ロケを支援するスタッフ、ロケ地となった地域で暮らす人に「神戸と映画」について語ってもらった。

映画監督 いまおかしんじさん

1965年、大阪府堺市生まれ。95年に「彗星(すいせい)まち」で監督としてデビュー。最近作は「こえをきかせて」(2019年公開)。

 阪神・淡路大震災を舞台にした映画「れいこいるか」の監督を務めました。実家は大阪・堺市ですが、震災当時は東京にいて、テレビですごい状況を見て、「え、地震?こんなにでかい?」と驚きました。

 社会的なものを取り込んだ映画を作ろうと、震災1年後に三宮や長田を歩き、震災で子を亡くした夫婦を描いた脚本を書いたんですが、映画化はできませんでした。

「部外者」が映画を撮ってもいいのか―。いまおかしんじさんは、自問しました。震災の年に監督デビューしてからの自身の境遇も振り返りながら、映画「れいこいるか」に込めた思いを語ります。

 約6年前、よく映画を見に来…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

1.17 再現/阪神・淡路大震災

1.17 再現/阪神・淡路大震災

あの日、何が起こったのか。阪神・淡路大震災を映像や音声でお伝えします。[記事一覧へ]