SB、楽天モバイル側を提訴の予定 情報持ち出し問題

[PR]

 携帯電話大手ソフトバンクの高速移動通信方式「5G」サービスに関する秘密情報を社外に持ち出したとして、警視庁が12日、元社員を不正競争防止法違反(営業秘密の複製領得)容疑で逮捕した。元社員は直後にライバル社の楽天モバイルに転職している。

 事件を受けてソフトバンク広報本部は「不正に持ち出されたのは、4Gおよび5Gネットワーク用の基地局設備や、基地局同士を結ぶ固定通信網などに関する技術情報だ。楽天モバイルは既に何らかの形で事業に利用している可能性が高いと認識している。今後、楽天モバイルにおいて利用されることがないよう、営業秘密の利用停止と廃棄などを目的とした民事訴訟を起こす予定だ。捜査当局に全面的に協力し、元社員への損害賠償請求を含めた措置も視野に入れ対応を検討していく」などとコメントした。

 一方、楽天モバイル広報部は「逮捕された人物が弊社に在籍していることは間違いないが、詳細についてはお答えできない。警察の捜査に全面的に協力していく」としている。