【動画】二人の灯は永遠のはずだったのに 竹灯籠がつなぐ神戸と東北=動画制作・西田堅一
[PR]

 優しくてしっかり者。印刷機器メーカーの後輩で、社内のスキー合宿をきっかけにつきあい始めた。

 35年前、仙台のホテルで開いた結婚式には親族と同僚200人が来てくれた。

 当時、木皿俊克さんは29歳、妻の典子さんは5歳年下。純白のドレスがまぶしかった。

 式場で1メートルもの長さのキャンドルをもらった。結婚1周年の記念日に火をともすと、食卓にずらりと並んだ手料理が照らされた。

 「ロマンチックね」

 うれしそうに妻がほほえむ。記念日のキャンドルは恒例になった。

 宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区に建てた家は2階から海が見えた。子どもが生まれ、仕事が忙しくなり、キャンドルの出番はなくなった。

 「また使うこともあるか」

 結婚式の写真と一緒に仏間の押し入れにしまった。

 2011年3月11日。

 「閖上は全滅」

あの日を境に、引きこもりがちになった木皿さん。見かねた自治会長から、ある言葉をかけられました。いまの心境を語る動画が記事後半にあります。

 その日の夕方、外出先にいた木…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら