拡大する写真・図版鬼行列の先頭をゆく悪鬼=三重県伊賀市、上野文化美術保存会提供

[PR]

 黄色の狩衣(かりぎぬ)に細くとがった角、かっと開いた目と口、歯をむき出しにした「真蛇(しんじゃ)(悪鬼)」が、木造の古い家屋が並ぶ三重県伊賀市中心部を歩く。

 毎年10月に開かれる「上野天神祭」のクライマックス・神幸祭(本祭り)。高さ21尺という大御幣に続いて登場、百数十体とされる「鬼行列」の先頭を進むのがこの悪鬼だ。

 鬼行列は二つある。悪鬼が先頭を進む「役行者(えんのぎょうじゃ)列」(上野相生町、上野紺屋町、上野三之西町)と、「鎮西八郎為朝列」(上野徳居町)。ただ、始まった当初は「鬼行列」ではなかったらしい。

 鬼行列の実施団体である上野文…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら