10年後もまだやる気? いつまで続く、習近平氏の天下

有料会員記事

聞き手・神田大介
[PR]

 中国の政治リーダーは習近平国家主席共産党総書記)ですが、現在の任期は残り2年弱となっています。これまでのルールに従えば習氏は退任するタイミングとなりますが、まだその気配は見えてきません。習氏はいつまで最高指導者で在り続けるのでしょうか。そもそも習氏はどのような人物で、何をしようとしているのでしょうか。北京で政治取材を担当する中国総局の冨名腰隆記者に聞きました。

 朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は次の通りです。

・習政権の終わりは近いのか

・習氏はどのような政治リーダーか

・キーワードは「2035年」

有料会員の方は

音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:今年、アメリカの大統領はバイデン氏に代わりますが、中国のトップは引き続き習近平氏ですね。

A:はい。中国の統治体制ですが、共産党総書記が中央軍事委員会主席と国家主席を兼ね、党・軍・国家の「3権」を握ることで最高指導者になる形が定着しています。

 習氏は2012年秋に党総書記と中央軍事委員会主席に就き、さらに翌年春の全国人民代表大会(全人代)で国家主席に選ばれました。中国は5年ごとの党大会で指導部の人事を動かしており、現在の習氏は2期目の後半に来ています。

Q:とすると、終わりが近づいているのでしょうか。

A:党や軍のトップにはそもそ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら