バイデン政権、中国に甘くなる? ファーウェイの行方は

有料会員記事

聞き手・神田大介
[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】 バイデン新政権と米中関係の行方

 2021年が幕を開けました。まもなくバイデン氏がアメリカの第46代大統領に就任しますが、国際社会はどのように変わっていくのでしょうか。とりわけトランプ政権時代に対立を極めた米中関係の行方に注目が集まっています。中国側から見える現状について、北京で中国政治をウォッチしている中国総局の冨名腰隆記者に語ってもらいました。

 朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は次の通りです。

習近平国家主席が環境問題に熱心な理由

ファーウェイスマホグーグルのアプリは再び使える?

・米中貿易紛争は改善に向かうか

・中国はどのように経済成長を続けるつもりか

朝日新聞ポッドキャストは

Apple Podcasts や Spotify などで毎日配信しています。音声プレーヤー右上にある「i」の右にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

     ◇

Q:習近平氏は最近、何をしているのですか? 気になる動きはありましたか?

A:昨年の秋から冬にかけては…

この記事は有料会員記事です。残り3403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。