【動画】安倍政権とはなんだったのか――。7年8カ月に及ぶ「最長政権」の権力の源泉が、人事権をフル活用した官僚の統治でした。その内幕を長期連載でひもときます。
[PR]

 安倍政権の大番頭だった菅官房長官が嫌ったのは「前例」であり、「慣例」だった。 第2次安倍政権発足当初から、前例打破は徹底される。それは「人事」において顕著だった。

「未完の最長政権」第1部第5回

 2012年12月の第2次安倍政権発足以降、「前例」「慣例」という言葉は首相官邸では禁句になっていたという。

 それは特に人事で顕著だった。官房長官の菅義偉に加え、政権発足当時の官房副長官だった加藤勝信、世耕弘成、杉田和博は、官邸スタッフが「これまではこうやってきた」と前例踏襲の人事案を説明すると、「これまでのことは関係ない」などと一喝することもしばしばだった。なかでもとりわけ前例を嫌ったのが菅だった。

プレミアムA「未完の最長政権」
「1強」と呼ばれた安倍政権は、強い官邸をめざした改革の到達点だった。しかし、それは後手に回ったコロナ対応の遠因にもなった。安倍政権の内実に迫る長期連載です。

 第2次安倍政権発足からまもな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら