【動画】安倍政権とはなんだったのか――。7年8カ月に及ぶ「最長政権」の権力の源泉が、人事権をフル活用した官僚の統治でした。その内幕を長期連載でひもときます。
[PR]

 菅首相は、総務相時代に自らの意に沿わないNHKの担当課長を更迭したことを自著に記している。ある元総務官僚は、更迭直後の菅氏の興奮を隠せない様子を鮮明に覚えているという。

「未完の最長政権」第1部第6回

 「OBが人事を決めている省もある。総務省の人事はどういうふうに決まるんだ? OBはどのぐらい力があるんだ?」

 第2次安倍政権で官房長官を務めた菅義偉は2006年9月、第1次政権で総務相に就いた。着任早々、総務省幹部にこう尋ねたという。

プレミアムA「未完の最長政権」
「1強」と呼ばれた安倍政権は、強い官邸をめざした改革の到達点だった。しかし、それは後手に回ったコロナ対応の遠因にもなった。安倍政権の内実に迫る長期連載です。

 幹部が「うちはOBは決めていません」と答えると、菅は即座に続けた。「人事権を持っているのは誰だ?」。幹部が「大臣です」と答えると菅は「そうだよな、権限は使わないと意味がない」。省庁の人事権は閣僚が持つと法的に定められているのに、事実上は、各省の現職官僚、そしてOBが決める霞が関の体質を菅は嫌っていた。

 同省OBの一人は「法的な人事権を持つのに、官僚が決めることを菅さんは『政治家を馬鹿にしている』と感じていたのだろう。菅さんは自分を軽視する官僚は徹底的に許さなかった」と明かす。

 菅は12年3月に出版した自著「政治家の覚悟 官僚を動かせ」で、「『伝家の宝刀』人事権」という項目を設け、その冒頭の見出しを「NHK担当課長を更迭」とした。

 総務相として取り組んだNHK…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら