KDDIも携帯料金を値下げ 20G月2480円プラン

豊田亮
[PR]

 KDDI(au)は13日午前、オンラインで新料金プランの発表会を開き、データ容量が月20ギガバイト(GB)で税抜き2480円の新プラン「povo(ポヴォ)」を3月から始めると発表した。NTTドコモとソフトバンクがすでに公表している新プランより500円安く設定。ただ、通話定額が含まれないため、1回5分以内の通話定額機能(月額500円)を追加すると2980円となり、他の2社と横並びとなる。

 菅義偉政権が携帯大手に迫ってきた料金の引き下げを巡り、大手3社の対応が出そろった。

 povoは、メインブランドの「au」から提供。auと同じ通信回線で現行の4Gに加え、高速の5Gも使えるようにする。ドコモとソフトバンクの割安プランと同様、手続きはオンライン専用にする。追加メニュー(トッピング)として、月額500円で5分以内の国内通話が無料になったり、1回200円でデータ通信が24時間使い放題となったりする。

 3月から高速移動通信方式「5G」の大容量プランの料金も2070円値下げして月6580円とする。「4G」の大容量プランも値下げするが、5Gと同額として移行を促す。(豊田亮)