[PR]

 ヤマハ音楽教室で働くピアノ講師らが昨年11月、労働組合をつくりました。きっかけは、新型コロナウイルスがあらわにした自身たちの働き方の不安定さ。SNSでつながり、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」で団結を確認。メンバーが初めて顔を直接あわせたのは、労組結成の当日でした。

拡大する写真・図版ヤマハ音楽講師ユニオンを結成し、記者会見する組合員の女性たち=2020年11月19日、東京都内、吉田貴司撮影

 「ユニオンをつくりませんか」

 ヤマハ音楽教室でピアノやオルガンを教える女性(29)は昨年4月、会ったこともない各地の講師仲間たちに向けて、ツイッターでこうつぶやいた。すると、ほどなく付いた「いいね」を意味するマークは3桁に。反響の大きさに、息をのんだ。

 このつぶやきを見て、同じ20代の講師が連絡をくれた。「同じような考えの講師さんでグループをつくりませんか」。見ず知らずの講師同士、きっとコロナ禍がなければ知り合わなかった。思いを共有できたことがうれしく、心強かった。一方で、こうも思った。

 「もう引き返せない」

「お見舞金」は出たけれど

 楽器大手ヤマハの一般財団法人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら