[PR]

 「お昼ならみんなとご飯を食べていいということではありません。できる限りテレワーク(在宅勤務)していただいて、おうちで食事していただきたい」。政府の新型コロナウイルス感染症対策を担当する西村康稔経済再生相は12日夜の記者会見でこう述べ、ランチタイムの会食を自粛するよう呼びかけた。

 緊急事態宣言を出した首都圏4都県で、午後8時の閉店を飲食店に求めることを強く打ち出した反動で、夕食帯でなく、ランチタイムの会食に切り替える動きが一部にあり、不要不急の外出自粛を求めている政府の意図がうまく伝わっていないことに危機感を示したかたちだ。

 政府は7日の宣言にあわせて基本的対処方針を改定。感染拡大の主な「起点」とされる飲食店の時短営業だけでなく、住民への不要不急の外出自粛の要請、テレワークの徹底、イベントの人数制限の強化なども、対策として盛り込んでいる。

 西村氏は12日の会見で、改め…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら