感染者が出た店名を公表 ニセコなどの観光協会、HPで

新型コロナウイルス

佐久間泰雄
[PR]

 スキーリゾートのニセコエリアを抱える北海道の倶知安観光協会は、新型コロナウイルスの感染者が確認された町内の飲食店や事業所などの公表をホームページ(HP)で始めた。

 道が7日に町内のバーでクラスター(感染者集団)が発生したと認定したことから、地域住民や観光客により詳しい情報を提供することを目的に、店舗の了解を得たうえで自主的に公表に踏み切った。

 12日午後の時点で、HPでは公表に応じた14の店舗を掲載している。店名をクリックすると各店のSNSを見ることができ、店舗での感染状況など詳しい情報がわかる。

 吉田聡会長は「地域の住民、事業者、観光客に正確な情報を開示することで、各人が適切に行動しコロナ感染を抑えこみたい」とのコメントを出した。(佐久間泰雄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]