「日本のいちばん長い日」など、昭和史に光をあてた作家の半藤一利(はんどう・かずとし)さんが亡くなった。ゆかりの人々からは、半藤さんが残してきた足跡に思いをはせ、その死を悼む声が寄せられた。

政治学者・原武史さんの話

 一貫して在野の立場から、独自の視点を通じ平易な言葉で昭和史を語った。

 著書「聖断」では、昭和天皇が…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら