「撮る×詠む」の相乗効果 写真俳句で楽しく健康づくり

有料会員記事

小川裕介
写真・図版
[PR]

 自分で撮った写真と自作の俳句を組み合わせて作品にする「写真俳句」が、静かに人気を集めている。コロナ禍で外出を控えがちになるが、運動不足になると筋肉量が減ったり、認知機能が下がったりしてしまうこともある。人との接触に気をつけながら、写真俳句を作りに出かけてみませんか。

 写真俳句連絡協議会(東京都)が運営するネット上のコミュニティー「写真俳句ブログ」(https://shashin-haiku.blog/別ウインドウで開きます)には、各地から多くの作品が投稿されている。昨年12月21日の冬至には〈マスクして眼鏡にワイパー欲しき夜〉という作品が、ぼんやりとした三日月の写真とともに投稿された。コロナ予防のマスクのせいで曇った眼鏡ごしに、月を眺めたのだろうか。別の会員から「マスクが必需品になるとは……」などとコメントが寄せられるなど、会員らはネット上で交流を楽しんでいる。

 同協議会長の中村廣幸さん(64)によると、作品づくりの基本ルールは①自作の写真を使う②自作の俳句をつける③写真と俳句を一体化させて表現するの三つだ。「本格的な写真や俳句にこだわる必要はない。作法にしばられず、まずは気軽に作ってほしい」

 写真の撮影は小型のデジカメ…

この記事は有料会員記事です。残り881文字有料会員になると続きをお読みいただけます。