[PR]

 コロナ禍、史上初めて「無観客」で行われた昨年末の紅白歌合戦。NHKホール以外の会場を多用し、収録場面も盛り込まれた異例の紅白をどう観たのか。審査員として参加した演出家の宮本亞門さんに聞いた。

        ◇

 これほどガツンと歌が心に刺さる紅白は初めてです。昨年はコロナ禍で、「不要不急」などと言われ、エンターテイメントのあり方が問われましたが、紅白はその底力を証明してくれました。その気迫に、審査員の私も「応援隊」の気分になっていました。

拡大する写真・図版宮本亞門さん

 今回は審査員も劇場ではなく、大きな2つのモニターと長椅子がある別室での鑑賞でしたが、Kis―My―Ft2のメンバーが突然、審査員室に現れたことには度肝を抜かれました。曲中、モニターが突如移動し始め、音響が爆音になり、(黒柳)徹子さんと「何が起きたのかしら」と心配していたら、メンバーがどっと部屋になだれ込んで来たのです。劇場が横にあるとはつゆ知らず審査員全員が驚いていました「視聴者と同じように楽しんでいただきたい」と(NHK側から)お話しいただいたのですが、この「生」を感じるサプライズ演出には脱帽しました。

拡大する写真・図版玉置浩二(NHK提供)

 またコロナ対策で、複数のスタ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら