交番襲撃事件、被告は何も語らず 富山地裁で初公判

有料会員記事

竹田和博、田島知樹
[PR]

 富山市で2018年、富山中央署奥田交番が襲われ、警察官と近くの小学校の警備員が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元自衛官、島津慧大(けいた)被告(24)=富山県立山町=に対する裁判員裁判の初公判が14日、富山地裁(大村泰平裁判長)であった。島津被告は名前や職業などの人定質問や起訴内容の認否を何も語らなかった。弁護側は警察官を刺殺して拳銃を奪ったとする強盗殺人罪について、殺人と窃盗罪にとどまると意見を述べた。

 検察側は冒頭陳述で、中学の頃からひきこもり、家族への暴力を振るうようになった被告が、自宅に駆けつける警察官に嫌悪感が芽生えたと指摘。事件当日、アルバイト先でトラブルを起こし「警察官との戦闘に勝ち、自分を誇示したい」と考えたことが交番を襲撃した動機だと主張した。

 起訴状によると、島津被告は18年6月26日、奥田交番付近で稲泉健一警部補(当時46)=殉職により警視=をナイフで刺殺して拳銃を奪い、その後、富山市立奥田小学校の正門付近で警備員の中村信一さん(当時68)を拳銃で撃って殺害したとされる。

 検察側は島津被告について…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。