加熱式弁当のしくみは? ひもを引くと底で化学反応が…

有料会員記事

松浦祐子

写真・図版

[PR]

ののちゃんのDO科学

「加熱式の弁当箱って、どんなしくみ?」

名古屋市・山口瑞貴さん(高2)からの質問

ののちゃんのDO科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。<br>science@asahi.comメールする

 ののちゃん 寒い時には、体の中から温まりたいね。この前、ひもを引っ張ったら温かくなる駅弁を食べたらおいしかったよ。

 藤原先生 加熱式容器を用いた弁当だね。30年ほど前から駅弁で活用されていて、根強い人気があるそうよ。電車の中でお弁当を食べるとき、電子レンジで温めるわけにはいかないものね。

 のの どうして温かくなるのかな。不思議だなぁ。

 先生 お弁当(食品)の下に、発熱ユニットと呼ばれるものがあるの。その中に、粒状の「生石灰」と水入りの袋が入っていて、ひもを引っ張ると袋が破れるようになっているよ。すると、生石灰と水が混ざって化学反応を起こし、熱と蒸気が発生して温かくなるの。

 のの 生石灰って何?

 先生 化学式CaOで表され…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら