• アピタル

WHO調査団が武漢入り 隔離後、感染源の動物を特定へ

有料会員記事新型コロナウイルス

武漢=高田正幸、ロンドン=下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルスの起源を調べる世界保健機関(WHO)調査団が14日、流行が世界で最初に確認された中国の湖北省武漢市に到着した。一定期間の隔離を経て、ウイルスの感染が広がった時期やヒトへの感染源となった動物を割り出すための調査を行う。

 一行はシンガポール発の航空便で武漢に到着。海外から入国したほかの乗客と同様、空港から透明なシートで覆われた通路を通ってバスに乗り込み、隔離先の市内のホテルに向かった。

 調査団をめぐっては、WHO側は今月初旬に中国入りさせようとしたが、中国側が国内で感染が続いていることなどを理由に認めず調整を経てようやく実現した。武漢では最初に集団感染が確認された海鮮市場や、対応にあたった病院などを訪れるとみられる。

 WHOによると、調査に関わ…

この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]