[PR]

 ローマ教皇庁(バチカン)は14日、フランシスコ教皇(84)が新型コロナワクチン接種を受けたと発表した。前教皇のベネディクト16世(93)もすでに接種を受けたという。

 バチカンでは13日から、医療従事者や聖職者への接種が始まっていた。同国ではフランシスコ教皇と同じ宿泊施設に住む聖職者や、スイス人衛兵に陽性が確認されている。教皇は青年時代に肺の一部を切除したこともあり、ワクチン接種を希望していた。

 フランシスコ教皇は、今月10日の地元テレビのインタビューで「自分だけでなく他人の命や健康にも関わることなので、倫理的にすべての人がワクチンを受けるべきだと思う。なぜ『ワクチンは危険だ』と言う人がいるのか分からないが、医師が大丈夫だとしていて特別な危険がないのなら、ワクチンを受けてほしい」と語っていた。(ローマ=河原田慎一)