[PR]

 東福岡高校(福岡市博多区)は14日、バレー部の部員9人、指導者1人の計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。部員4人に軽い症状が出たが、入院した人はいないという。バレー部は10日まで東京で開かれた全日本高校選手権(春高バレー)に出場し、男子の部で優勝していた。

 学校によると、同部の部員28人、指導者5人は春高バレー出場のため今月3~11日、東京に滞在。東京で7日に緊急事態宣言が出され、大会出場校からも感染者が出ていたことから、11日に福岡に戻ったあとは自主的に全員が自宅や寮、ホテルに待機してPCR検査を受け、感染が判明したという。部員3人が発熱し、1人はたんが絡む症状があるとしている。感染経路は不明だが、同校は東京で感染した可能性があるとみている。