[PR]

 JR西日本は14日、山陽線の姫路―英賀保(あがほ)間に新駅を設けるため、国土交通省近畿運輸局に認可申請をしたと発表した。2026年春の開業を予定している。

 同社によると、予定地は姫路駅から岡山方面に約1・8キロの兵庫県姫路市西延末。スポーツや文化施設が集まる手柄山中央公園の北西部に位置する。公共交通の利便性向上のため、16年に同社と姫路市が新駅設置推進について覚書を交わしていた。費用は国庫補助を含めて3分の2を姫路市が負担する。