川に車、胸元に迫る水 通りすがりの男性「自分が行く」

有料会員記事

屋代良樹
[PR]

 車が川に落ちていた。流れ込んだ水は、高齢の運転者の胸元に迫っていた。通りすがりの男性は、意を決して川に入った。

 昨年11月25日午前11時半ごろ。熊本市北区介護施設職員花籠雄一さん(34)は、施設利用者の定期訪問のため熊本県山鹿市津留の岩野川沿いの市道を車で走っていた。

 大勢の人が川岸に集まって何かを叫んでいるのに気づいた。車から降りて見ると、幅約20メートルの川のほぼ中央に軽ワゴン車がタイヤを下にして浮いており、運転席に70代の女性がいた。

 熊本県警山鹿署によると、女性は代車として借りた車を運転し、川沿いの駐車場から道路にバックで出る際に誤って転落したという。

 前方の窓が開いていたため…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら