夫は脳出血、妻は心労… だから生まれた「温かい銭湯」

有料会員記事

鈴木洋和
[PR]

 夫が突然、倒れた。妻の目の前だった。

 2人で切り盛りする銭湯「大津湯」の待合室。定休日に外出から戻り、くつろいでいた椅子からでんぐり返しをするように。

 私を笑わそうとしているのかな、そんなキャラでもないのに――。そうであればどんなに良かったか。

 「何してんの?」

 「なんかおかしい」

 つぶやく夫の口に、よだれが垂れていた。救急車で病院へ。脳出血。すぐに入院した。

男湯と女湯を隔てる壁いっぱいに、不思議な絵があります。ライオンに子ヤギ、そして象に亀。妻にはいま、この絵が伝えようとしていることがわかってきたといいます。

 大津湯がバリアフリー銭湯に…

この記事は有料会員記事です。残り1248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。