【動画】新渡戸文化学園内の創作拠点「VIVISTOP」に完成した木製のイス。子どもたちのアイデアが詰まっている=東京・中野区、西村悠輔撮影
[PR]

 新渡戸文化小中高(東京・中野)にできた新しい創作拠点「VIVISTOP NITOBE」に、個性あふれる12脚の木製イスがお目見えした。同小の5年生がデザインを考え、高知県の林業関係者らとやり取りしながら4カ月かけて作り上げた。

 「好きなイスに座っていい?」「これ、私たちのイスだ!」。昨年12月21日、ヒノキのいい香りが漂う教室に元気な声が響いた。この日、児童は展示作品と初のご対面。ユニークな形のイスに代わる代わる腰かけて、座り心地を確かめた。

 「つらないブランコ」というイスを作った荒木真成佳(まなか)さん(11)は「これは貧乏揺すりできるイス。揺れ幅が大きいとこけるので設計に苦労した」と話した。座面の下に並ぶ波形の板は「水筒を置いても揺れで落ちない工夫」という。

 「奇想天外」と名づけたイスは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら