auの新料金プラン「紛らわしい」 武田総務相が批判

[PR]

 KDDI(au)が打ち出したデータ容量20ギガバイトで月2480円(税抜き)の料金プランについて、武田良太総務相は15日の閣議後会見で、「非常に紛らわしい」と述べた。同社のプランはNTTドコモとソフトバンクが昨年公表したプランより500円安く設定されているが、通話定額を追加した料金は横並びとなる。

 KDDIは13日に新料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表。利用を想定する若い世代は通話の利用が少ないことから、1回5分以内の無料通話し放題(月500円)の通話定額機能を「トッピング」として利用者が選択できる仕組みを採用した。これを追加した場合には、ドコモやソフトバンクが昨年12月に公表した通話定額を含むプランと横並びになる。

 武田氏は「最安値と言いながら他社と結局同じ値段。もっとわかりやすいやり方をしっかりと考えていただきたい」と批判した。