出生届に役所は×印 事実婚40年、息子の結婚式で父は

有料会員記事

田中聡子、杉原里美
[PR]

 夫婦がそれぞれの名前を変えずに結婚する。そんな選択肢を求める声が高まる一方で、議論が起こっては停滞する状況が30年近く繰り返されています。名前を変えない「事実婚」には、今もさまざまなハードルがあります。

「両親のすごさ、理解し尊敬」 息子は式で語った 

 「十分に認められているとは言えない夫婦別姓という形を30年以上前に選択し、歩んできた両親の考えと行動のすごさを、いまでは多少なりとも理解し、尊敬できるようになりました」

 東京都調布市の山崎精一さん(71)は、4年前、結婚式での長男(36)からの言葉が忘れられない。

 婚姻届を出さない「事実婚」で3人の子どもを育ててきた。選択に迷いはなかったが、心のどこかに「子どもたちには負担をかけてきたのではないか」と不安もあった。ずっと子どもたちは何も言わなかった。

 長男の結婚式のスピーチで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。