超難関、簿記1級に高3が合格 毎日4時間の勉強で快挙

有料会員記事

上田真仁
[PR]

 日本商工会議所(日商)の簿記検定試験で、若松商業高校(福島県会津若松市)の情報ビジネス科3年の小峯陽奈多(ひなた)さんが1級に合格した。同校では第1号、会津地方の現役高校生でも初の快挙という。

 1級に合格すれば税理士試験の受験資格が得られ、公認会計士や税理士などの国家資格への登竜門ともされる。小峯さんは昨年11月に挑戦し、受験した8553人のうち合格者は1158人(合格率13・5%)という超難関を突破した。

 中学生の頃は簿記を知らなか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。