受験生の心も体も温める、スペアリブとショウガのスープ

小林未来
[PR]

 受験シーズンも本番。ピリピリしがちなこの時期の食事は、受験生への応援の一つでもあります。食事作りのヒントを、朝日新聞のレシピコーナー「料理メモ」の筆者、料理研究家の渡辺あきこさんに聞きました(記事の最後にレシピがあります)。

 寒い受験期は、体が温まるメニューも気持ちが和らぎます。

 渡辺さんのイチオシは「スペアリブとショウガのスープ」。煮込むだけで手間がかからず、肉が入っているので成長期の子どもにもうれしいメニューです。麺やお餅をいれてアレンジすることもできます。

 東大に合格した長男の受験期を振り返り、受験生向けのレシピを集めた「東大合格ごはん」という著書もある渡辺さんは、受験当日のお弁当に、ホッとできるようにと一口チョコレートを入れたそうです。

 「『何を食べさせるか』よりは『食べたときに安心できる』ことが生活の土台なのかなと思います。保護者ができることは限られていますが、いつもの食事をいつも通りに、で十分なのではないでしょうか」小林未来

スペアリブとショウガのスープ

 【主な材料・2人前】 豚スペアリブ300g、ショウガ、ニンニク各1かけ、レタス2枚

 【作り方】 豚スペアリブは表面の脂肪を除き、熱湯で1分ほど下ゆでし、ザルにあげて水気を切ります。ショウガは薄切りにします。

 鍋に水900ccとスペアリブ、ショウガ、ニンニク、あらびき黒コショウ少々を入れて中火にかけます。沸騰したらアクをすくい、ふたをして弱火で30分煮ます。塩少々で味をつけ、レタスをちぎって入れて一煮立ちさせます。(調理時間:約40分)

 *1人前約335kcal、塩分0.6g

(2018年8月19日付料理メモから)

料理メモは1万件超収録 検索も

 朝日新聞デジタルでは1日1レシピを紹介する「料理メモ」を原則毎日配信しています(新聞休刊日を除く)。いずれも一線で活躍する料理研究家が、季節感や作りやすさを考えたものです。

 過去1万件以上のレシピを収録しており、検索ページ(会員登録が必要)もあります。料理名や食材(「ジャガイモ サラダ」「小松菜 卵」など)のほか、調理時間、調理方法、季節、ジャンル、1人前あたりのカロリー、塩分(2007年以降)でも検索できます。

 ツイッター「朝日新聞 キッチン(@asahi_taberu)」(https://twitter.com/asahi_taberu別ウインドウで開きます)では、日々の料理メモを中心に朝日新聞の食・料理の話題を紹介しています。手軽で季節にぴったりのメニューを日々お届けします。

(受験生応援レシピ)